リスの家・冬
農村で暮らすように過ごす宿

暮らすように泊まるStay like a Country Life

ここに住んでいる気分で
散歩したり
本を読んだり
絵を描いたり
星を見たり
コーヒー片手に景色を眺めたり
動物の足あとを追ってみたり
雪の中に飛び込んでみたり
思い思いの過ごし方を

何も特別なことはないけれど、そんな農村の日常を体験できる場所

リスの家のはじまりThe Beginning of Risunoie

年々増える空き家。
放置され荒れた土地。
減っていく人。

見て見ぬふりすることも出来るけど、
ここがいいところだって知っているから
ここでずっと暮らしていきたいから
それならもっといいところにしたい。

土地に根差して生きる農家にできる、地域を守る一歩

70年前に開拓され形成された春日地区。
祖父母世代によって築かれたこの土地が元々の山に戻ってしまうのはもったいない。
崩れかけた家や、木が生え草に覆われた土地をどうにかしたい。
約20年間空き家だった場所を買い取り、自分たちで解体するところから始まる。
足掛け二年ちょっと。
念願のリスの家が完成。